> ローン一本化で出来るのは件数と利息の軽減

ローン一本化で出来るのは件数と利息の軽減

ローン一本化の効果は多件数の改善で、
債務自体まで減ることがない点に先ず注意が必要です。

件数が減ることで返済日のやりくりがラクになり、
家計のサイクルが返済に追われなくなる点はローン一本化の効果です。

複数社からの借入を低金利の業者で一本化する事で負担が楽に

また、低金利に切り替えることで一本化の先の返済負担もラクになります。
その返済負担を少しでも軽くするためにも、ローン一本化では少しでも
金利が低いところを選ぶことが大切になります。

例えば消費者金融の借り入れを銀行のカードローンでローン一本化を行ったとします。
総量規制と自主規制でギリギリまで借り入れしていた場合、
消費者金融に敷かれる総量規制下の借り入れはゼロになります。

また、消費者金融の信用情報機関は銀行のカードローンと異なるため、
ある会社では借り入れがみえないケースがあります。
大手の消費者金融では銀行と連携する他、複数の信用情報機関で
借り入れている場合は銀行分のローン一本化の借り入れもみえるのですが、
そうでない場合は見えないケースもあるのです。

返済はギリギリのラインではなく余裕を持つ

また、キャッシングではクレジットカード分もあります。
件数が減ることで精神的にラクになる面、反動でまだ借りることができる、
借りてしまうという心の隙間も生みやすいのです。
そのため、ローン一本化では1件だけに絞ることで、
余裕をもって支払うことができる額で設定することです。
家計のギリギリのラインでは、新たに借り入れることになりかねません。

精神的の負担の軽さが反作用で気持ちが大きくならないように、
借り入れをコントロールすることが大事です。

http://www.robcurnockforcongress.com/