> 奨学金の繰り上げ返済について

奨学金の繰り上げ返済について

就職氷河期と呼ばれる昨今、新入社員を迎え入れる側である各社の目は
より一層厳しくなっています。

そのため少しでも学歴をつけ安定した大手企業への入社を果たすべく、
大学へ進学する学生が急増しています。

しかし大学で授業を受けると数百万円~数千万円という膨大な費用がかかるうえ、
実家から離れた大学へ通う場合にはマンションの家賃や食費、生活費などの費用が
別途でかかるのです。
とくに都内の私立大学では夫婦二人で働いても補えないほどの費用がかかるため、
学生本人が奨学金として多大な費用を借り入れるケースも年々増加しているのです。

奨学金は後々返済する借金

奨学金はいずれ返済する借金でもあるため、大学を卒業して無事に就職したあとは
毎月コツコツと返済する必要があります。
一般的に奨学金として借り入れている金額は500万円前後がおおく、
月々数万円の返済を数十年かけて支払う傾向にあります。

しかし奨学金返済は就職後の生活はもちろんのこと、結婚にも大きく影響しています。
夫婦で奨学金を借り入れている場合は月々の返済に追われる可能性もあるため、
なるべく結婚前に返済をおわらせておくべきなのです。

奨学金は言葉だけ聞くと借金というイメージが薄く感じてしまいます。学業に専念するため借入することがとても良いことというのが前面に出ているのが理由ではないでしょうか。これはたまに取り上げられる問題でNHKでも奨学金が返せないという特集が組まれていたようです。
但し、奨学金がないと大学に行きたいのにいけないという方も多くいるのは事実でしょう。ですから一概に奨学金というものを廃止するというのはよくないことだと思います。借金をしているという自覚を持つことがまず大事なのではないでしょうか。

奨学金はなるべく早く返済する

1日も早く返済を行いたい方は月々の生活費を切り詰めたり、
ボーナスを返済にあてるなどして繰り上げ返済を行うと良いでしょう。
月々3万円の返済がある場合、ボーナスのなかから30万円を返済にあてることで
10か月分の借金を繰り上げ返済することができます。
積極的に繰り上げ返済を行い、1日も早く心の重荷をおろしてみてはいかがでしょうか。

※奨学金の種類によっては、無利子の奨学金もあります。無利子の場合は早く返済しても
ゆっくり返済しても返済額は変わらないので、状況に合わせて返済した方が良いでしょう。